/

この記事は会員限定です

バイデン政権、巨大ITに包囲網 行政の裁量拡大

編集委員 瀬川奈都子

[有料会員限定]

バイデン政権は巨大IT(情報技術)企業への規制強化に大きくかじを切った。反トラスト法当局のトップ人事に相次いで規制推進派を起用したほか、関連法案も複数提出されている。背景にあるのは、大きくなり過ぎたプラットフォーマーが、米国の技術革新を阻害し始めているという問題意識だ。

まず目を引くのが競争政策を担当する主要ポスト人事だ。バイデン政権は3月、ホワイトハウスの米国家経済会議(NEC)で競争政策を担う...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1630文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン