/

この記事は会員限定です

実務者協議軸に戦略再構築 アフリカ開発会議の焦点

武内進一・東京外国語大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○アフリカ開発は持続可能性への配慮必須
○日本は従来のビジネス振興策の再検討を
○開催国のチュニジアの権威主義化に懸念

第8回アフリカ開発会議(TICAD8)は、8月27~28日にチュニジアで開催される。1993年に始まったTICADの中でも今回は特に重要で、また難しい会議になるだろう。

多国間枠組みの形をとるTICADは、アフリカと日本を幅広くつなぎ、日本のアフリカに対する外交的スタンスを内...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2617文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経済教室

経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン