/

この記事は会員限定です

マルコスvsドゥテルテ、フィリピン「政治王朝」の相克

編集委員 高橋徹

[有料会員限定]

フィリピンの最高権力の座にあの一族が戻ってきた。6月30日、フェルディナンド・マルコス新大統領が就任宣誓式に臨んだ首都マニラの国立博物館は、同名の父の独裁期には国会議事堂だった建物だ。傍らで携えた手を高々と掲げ、選挙戦のランニングメート(伴走者)としての蜜月ぶりを誇示したサラ・ドゥテルテ新副大統領はしかし、自身の就任式を11日前に南部のダバオ市で終えていた。

憲法は正副大統領の就任を同じ日に行う...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2889文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン