/

この記事は会員限定です

「電子マグロ」は飲食店ビジネスを変革できるか

メタバースで初競り・職人の技もNFTに・・・話題作りでファン開拓

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染再拡大で苦境にある飲食店。そんな中、都内のあるすし店が非代替性トークン(NFT)と呼ばれるデジタル資産を活用した話題作りでファンの輪を広げている。NFT化された電子データの「マグロ」の競りを行ったり、職人の包丁さばきの技をNFTとして販売したりする取り組みだ。「NFT×飲食店」はどんな可能性を秘めているのだろうか。

1月、NFT化された電子マグロのオークションが電子取引市...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1131文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

消費を斬る

話題のヒット商品やトレンドの背景を専門記者が最前線の取材から分析、「今なぜ売れるのか」「次の流行は何か」を解き明かす。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン