/

この記事は会員限定です

労働市場の流動化こそ本筋 コロナ後の成長の条件

宮本弘曉・東京都立大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○雇用環境変化に応じキャリア見直し必要
○労働市場が流動的なほど財政政策効果大
○公正な能力評価と成果に見合う処遇カギ

新型コロナウイルス禍が始まって1年半。ワクチン接種は着実に進展しているものの、変異ウイルスの拡大もあり足元では依然厳しい状況が続く。コロナ危機は日本経済に大きな打撃を与えると同時に、人々の生活様式や働き方を一変させた。これは今後に向けた改革の大きなチャンスでもある。本稿では、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2611文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経済教室

経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン