/

この記事は会員限定です

会社の多様性生かし変革を 揺らぐ資本主義

岩井克人・国際基督教大学特別招聘教授

[有料会員限定]
ポイント
○「利潤が会社の唯一の目的」との主張誤り
○法人は人と物の二面性を見事に使い分け
○会社は社会問題解決へ専門知識の活用を

「自由主義経済体制の下でのビジネスの社会的責任はただ一つ。それは利潤を増大させることだ」

1970年、自由主義経済学の指導者だったミルトン・フリードマンが米紙ニューヨーク・タイムズの寄稿文に記した言葉だ。それは自由主義のスローガンとなり、米国を中心に財界、政界、学界、メディ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2610文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経済教室

マクロ経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン