/

この記事は会員限定です

弔辞 大切な人に贈るラストメッセージ

NIKKEI The STYLE

[有料会員限定]

人の心を打つ弔辞というのはどのようなものだろうか。言葉の達人である文学者は、生き残った者と去りゆく者との真剣率直な最後の対話に何を込めたのか。そして、市井の弔辞はどこへ向かうのか。新型コロナウイルス禍で葬送儀礼が大きく変わるいまだからこそ、あらためて大事な人を送る言葉の意味とその言葉を紡ぎ出すための備えについて考えてみた。

そのひと言がすでに作品

取材を始めてあらためて見回すと、弔辞や追悼の文章を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3922文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経独自の視点で、ファッション、グルメ、アート、カルチャー、旅など上質感のあるテーマをカバー。写真を大胆に使った美しいビジュアルで、読者の知的好奇心を刺激します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン