/

この記事は会員限定です

学生本位の大学教育へ 履修科目数減らし密度高い学びを

[有料会員限定]

政府の教育再生実行会議が3日にまとめた第12次提言は大学教育の改善も求めている。提言案の策定に関わった日比谷潤子・聖心女子学院常務理事に寄稿してもらった。

「新型コロナウイルス感染症は、私たちが構築した社会のもろい骨格に生じた亀裂を映し出すX線のような存在だ」(グテーレス国連事務総長、2020年7月のネルソン・マンデラ記念講演)

高等教育の世界も、このX線によってすみずみまで照射された。どこが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2217文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン