/

この記事は会員限定です

創薬イノベーション カギはDXと「人の出会い」

科学記者の目 編集委員 吉川和輝

[有料会員限定]

創薬などライフサイエンス企業の研究拠点の姿が変わりつつある。新型コロナウイルス感染症の影響で希薄になりがちだった研究者間の対面コミュニケーションを再構築するとともに、研究現場のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する。リアルとバーチャルを問わず情報がスムーズに行きかう空間をつくろうとしている。

横浜市戸塚区で10月に竣工、来春稼働する中外製薬の「中外ライフサイエンスパーク横浜」。同社の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1845文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません