/

この記事は会員限定です

名古屋市立大学、性の多様性学べる絵本

キャンパス発この一品 幼少の子ども向けに学生が考案

[有料会員限定]

名古屋市立大学は5~7歳の子どもが性の多様性を学べる絵本を制作した。民間調査によると20~60代の10人に1人がLGBT(性的少数者)という指摘もあるが、こうした現状について人々の理解は進んでいないと判断。絵本を通じて様々な性があることを幼少期から理解してもらう。

主人公は小学1年生。同級生の男の子が花の髪飾りをつけているのを見て「へんだよ」と指摘する。傷つき泣いた同級生の気持ちを考える過程で、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り427文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン