/

この記事は会員限定です

中国、やはり目を離せない 衰退期も変わらぬ強硬路線

本社コメンテーター 秋田浩之

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

英国の秘密情報部(MI6)。人気スパイ映画シリーズ007で、主人公が所属するスパイ機関として知られるが、実態は厚いベールに覆われている。

そんな秘密主義の組織としては極めて異例なことに、ムーア長官が11月30日、公開の場で演説した。中国を最大の脅威とみなし、世界にこう強く警告した。

「中国は極めて高い能力を持ち、英国をはじめ世界の同盟国や友好国に大がかりなスパイ活動を続けている」

米中央情報局(C...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1944文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

秋田 浩之

長年、外交・安全保障を取材してきた。東京を拠点とし、北京とワシントンの駐在経験も。北京では鄧小平氏死去、ワシントンではイラク戦争などに遭遇した。著書に「暗流 米中日外交三国志」「乱流 米中日安全保障三国志」。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン