/

この記事は会員限定です

国連で「食のルール」巡り議論 日本も積極的な関与重要

科学記者の目 編集委員 滝順一

[有料会員限定]

国連食料システムサミットが9月23日に国連本部(ニューヨーク)で開かれる予定だ。世界の食料の安定供給と地球環境問題の解決のため食料生産・流通・消費はどうあるべきか。世界各国の首脳が議論する。日本の農林水産省は2021年5月に「みどりの食料システム戦略」を公表し、日本の農林水産業が目指す将来像を示した。戦略づくりに関わった川合豊彦・農水省大臣官房審議官に戦略策定の狙いなどを聞いた。

――みどりの食料...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2072文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン