/

この記事は会員限定です

河合隼雄さんの本がくれた「考えさせられるヒント」 

日本総合研究所理事長 翁百合氏(リーダーの本棚)

[有料会員限定]

迷ったときに読む

座右の書は河合隼雄さんの『こころの処方箋』です。気づきをくれる55の短編が載っていて、悩んだり迷ったりしたときに読んでいます。

臨床心理学のたいへんな学者さんなのに「人の心などわかるはずがない」という章から始まっています。心と向き合うのは覚悟が必要なんだということを前提として、断定的ではなく、やさしい言葉で書いている。例えば「道草によってこそ『道』の味がわかる」という言葉は、目先...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1805文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン