/

この記事は会員限定です

生活者の役割・関与、重み増す 科学にどう向き合うか

佐倉統・東京大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○政治家と専門家集団との信頼関係醸成を
○科学技術の庇護者は国家から民間企業へ
○一般生活者の発想が専門家の限界を補う

新型コロナウイルス感染症の蔓延(まんえん)は、政治的判断と科学的知見の関係、あるいは政治家と専門家の関係がどうあるべきかについて、大きな課題を突きつけている。科学的知見に基づく専門家の意見と政治家による意思決定がしばしばかみ合わない。

こうした問題は日本に限らない。欧米諸国を含...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2601文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン