/

この記事は会員限定です

輸入に頼る木質バイオマス発電 持続可能といえるか

科学記者の目 編集委員 滝順一

[有料会員限定]

木材を砕いたチップを燃料とする木質バイオマス発電への批判が強まっている。 東南アジアや北米などで森林を伐採して製造した燃料を、日本に大量に輸入して火力発電所で燃やすプロジェクトを大手商社や電力会社が進めている。バイオマス発電は二酸化炭素(CO2)排出と吸収がバランスし「カーボンニュートラル(炭素中立)」といわれてきたが、「石炭火力よりCO2排出量が多い」と環境団体などが非難の声を上げている。

環...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2358文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン