/

この記事は会員限定です

ロシアの戦後処理、通貨覇権左右 「強いドル」いつまで

櫻川昌哉・慶応義塾大学教授

[有料会員限定]
ポイント
〇国際決済や外貨準備ではドルの優位顕著
〇過去には戦争や危機が通貨興亡の転機に
〇ロシアの戦後復興巡り米中が主導権争い

米連邦準備理事会(FRB)の利上げもあり、米長期金利は上昇している。海外の資金は米国に吸い寄せられ、ドル高が生じている。

だが長期金利の上昇は、インフレ率の上昇に起因しており、ドルで測った実質金利は大幅なマイナスだ。購買力平価説によれば、インフレ率の高い国の通貨は弱くなるはず...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2631文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経済教室

マクロ経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン