/

この記事は会員限定です

FRBの金利予測大外れも 市場揺らす危うい中銀幻想

編集委員 清水功哉

[有料会員限定]

ゼロ金利政策解除が2024年以降から23年に前倒しされ、23年中の利上げ幅は合計0.5%になる――。米連邦準備理事会(FRB)が6月に示した政策金利予測は、従来より利上げに前向きな姿勢に突然転じた印象を市場に与えた。ショックの影響は今も尾を引くが、実はFRBの見通しは大きく外れた例もある。本当に予測通りの政策運営をするのか、見極めも必要だ。

FRBの政策金利(フェデラルファンド金利)の予測は3カ月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1387文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン