/

この記事は会員限定です

世界に埋もれぬ脱炭素目標急げ 菅政権の温暖化対策

編集委員 滝順一

[有料会員限定]

首相官邸の気候変動対策推進のための有識者会議(座長=伊藤元重学習院大学教授)の初会合が3月31日に開かれた。2020年10月の菅義偉首相の50年カーボンニュートラル宣言を受け分野横断的に気候変動対策を話し合う。当面の重要課題は、国内外から風当たりの強い30年の温暖化ガス排出削減目標の見直しだ。3つの疑問点から会議の行く末を予想してみる。

Nikkei Views

編集委員が日々のニュースを取り上げ、独自の切り口で分析します...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2076文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン