/

この記事は会員限定です

[社説]日本も人権外交で欧米と共に一歩前に

[有料会員限定]

強権的な国家による少数民族の弾圧など、人権が侵害されている事例は世界の各地にみられる。日本はこうした外国の出来事にあまり目を向けずにきた。不幸な人々に手を差し伸べるとき、そこに日本人も外国人もないはずだ。人権外交で日本は一歩前に踏み出すことを考える時期だ。

国際社会において、人権の擁護を最も強く訴えてきたのは米国だ。3月30日には毎年恒例の人権状況に関する報告書を発表した。中国の新疆ウイグル自治区...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り709文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン