/

この記事は会員限定です

米「株の死と再生」は訴える 個人と企業、投資の好循環

本社コメンテーター 梶原誠

[有料会員限定]

年初からの世界的な株価急落が、「気づき」の機会をもたらしている。世界にも、日本にもだ。

世界の投資家は、インフレの怖さに目をつぶってリスクを取り過ぎていたことに気がついた。

震源地の米国市場では、昔ながらの経験則に関心が集まるかもしれない。「20の法則」だ。

インフレ懸念を前提としたもので、消費者物価指数(CPI)の年間上昇率にPER(株価収益率)を加えると20近辺になるという。物価上昇懸念が強...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1947文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

梶原 誠

東京、ニューヨーク、ソウル、香港を拠点に市場を通して世界を見てきた。アジア通貨危機、日本の金融危機、リーマン危機も取材。編集委員、論説委員、英文コラムニストを経て2017年2月より現職。市場に映る全てを追う。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン