/

この記事は会員限定です

横浜国立大学、まちづくりを学べるボードゲーム

キャンパス発この一品 住民・行政に分かれ協力

[有料会員限定]

横浜国立大学は企業や学生向けに防災研修を手掛ける一般社団法人の南三陸研修センター(宮城県南三陸町)と共同で、まちづくりを学べるボードゲームを開発した。まちづくりは自治体や住民がそれぞれの利害関係をもつうえ、人口増減や環境問題など織り込む要素が多いため、全体像の把握が難しい。政策や個人の行動が地域をどう変えるかなど、ゲームを通じて学べるようにした。

同大で地域連携の入門授業を担当する伊集守直教授や...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り417文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン