/

この記事は会員限定です

内外の情勢変化、集権化促す 3期目・習政権の中国

加茂具樹・慶応義塾大学教授

[有料会員限定]
ポイント
〇習主席は改革開放の時代の終わりを宣言
〇指導部の任務は経済発展に加え国家安全
〇脅威論唱えるほど中国の情勢認識硬直化

中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席は10月の第20回中国共産党大会で、改革開放という時代の終わりを宣言した。これまで中国外交の目的は改革開放への貢献、すなわち経済発展に必要な安定した国際環境を整えることだと理解されてきた。ゆえに国際社会は、習氏が党大会で示した姿勢に深い懸...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2628文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経済教室

経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン