論文オープン化で世界に発信 東北大など大手出版と合意 - 日本経済新聞
/

この記事は会員限定です

論文オープン化で世界に発信 東北大など大手出版と合意

科学記者の目 編集委員 滝順一

[有料会員限定]

東北大学と東京工業大学、総合研究大学院大学、東京理科大学の4大学は学術出版大手の米ワイリーと論文のオープンアクセス(OA)化促進に関する覚書を結んだ。2022年4月から4大学所属の研究者は同社の約1400の学術誌で論文をOA出版できる権利を得る。オープンアクセスの論文は購読契約なしでだれでもオンラインで読めるため、研究成果を広く世界に届けられるようになる。世界で学術誌のOA化が進む中で日本は対応...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2220文字

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません