/

この記事は会員限定です

調達網の点検、大豆でも 「森林破壊フリー」が価値に

デンシバSpotlight

[有料会員限定]

牛肉などに比べ環境負荷が少ない大豆ミート。原料の大豆の需要が急拡大する一方で、森林破壊や人権侵害のリスクを懸念する声もあります。大豆ミート国内最大手の不二製油グループ本社は大豆調達網の点検を始めました。

近年はESG(環境・社会・企業統治)投資家の要請で、農産物などの調達網に潜むリスクを把握し適切な予防策を講じる「デューデリジェンス」がさかんです。いずれ大豆も対象になると判断しました。

米調査会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2310文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

カーボンゼロ

温暖化ガス排出を実質ゼロにするカーボンゼロ。EVや再生可能エネルギー、蓄電池、各国政策などの最新ニュースのほか、連載企画やデータ解説を提供します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン