/

この記事は会員限定です

土石流「人災」防止へ問われる法整備 抜け穴対策焦点に

編集委員 谷隆徳

[有料会員限定]

静岡県熱海市で発生した土石流災害を受けて、政府は再発防止策の検討を始めた。都道府県を通じて全国の盛り土を総点検したうえで、12月にも対策をまとめる。既存の法律の抜け穴をなくし、危険な盛り土の造成を防ぐ総合的な法制度を打ち出せるかどうかが焦点となる。

Nikkei Views

編集委員が日々のニュースを取り上げ、独自の切り口で分析します。

7月3日に熱海市で発生した土石流は130棟に上る建物を巻き込み、多数の死傷者を出した。現...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1631文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン