/

この記事は会員限定です

人口減少社会と移民政策(6) 「特定技能」創設の思惑

国士舘大学教授 鈴木江理子

[有料会員限定]

2018年12月、深刻な労働力不足を解消するため、入管法が改定され(19年4月施行)、新たな在留資格「特定技能」が創設されました。東京五輪開催準備や震災復興での建設・造船分野における緊急措置を例外とすれば、日本政府は初めて、労働力不足への対応としてフロントドアから外国人労働者を受け入れる決断をしました。サイドドアからの供給だけでは、労働力需要を満たせなくなったためともいえます。

ただし、どのよう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り647文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

やさしい経済学

ニュースなどで注目される経済学の最新トレンドを、気鋭の学者や有識者がわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン