/

この記事は会員限定です

人口減少社会と移民政策(5) 技能実習生急増の背景と課題

国士舘大学教授 鈴木江理子

[有料会員限定]

フロントドアからの専門的・技術的労働者以外では、どのような外国人が、どのような職種で働いているのでしょうか。

入管政策における「90年体制」のもと、増加したのは南米からの「出稼ぎ」外国人です。かつての日本人移民の子孫が、就労に制限のない「定住者」などの身分系在留資格で来日するようになりました。日系南米人は自動車や電気機器、近年では食料品などの製造業で、間接雇用で働くケースが多いことが特徴です。家...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り644文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

やさしい経済学

ニュースなどで注目される経済学の最新トレンドを、気鋭の学者や有識者がわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン