/

この記事は会員限定です

人口減少社会と移民政策(2) 増える外国人と減る日本人

国士舘大学教授 鈴木江理子

[有料会員限定]

国立社会保障・人口問題研究所は、2017年公表の将来推計人口で、初めて外国人の受け入れ規模に応じた条件付き推計を公表しました。00年の国連報告書では、日本の総人口を維持する補充移民数は毎年34万人でした。しかし、15年の国勢調査をもとにした推計では、毎年50万人の外国人を受け入れても、総人口は減少するというのです。

こうした推計が公表された意図は何でしょうか。外国人を受け入れても、人口問題は容易...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り655文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

やさしい経済学

ニュースなどで注目される経済学の最新トレンドを、気鋭の学者や有識者がわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン