/

この記事は会員限定です

人口減少社会と移民政策(1) 国連報告書が示したシナリオ

国士舘大学教授 鈴木江理子

[有料会員限定]

まだ日本では「移民」という言葉が耳慣れなかった2000年、移民に言及する2つの報告書が公表されました。

一つは、小渕恵三首相(当時)の私的諮問機関である「21世紀日本の構想」懇談会の最終報告書で、多様性を力とするために、移民政策に踏み出すことを提言しています。

もう一つは、国連人口部の「補充移民」です。「移民は人口減少・高齢化を救えるか」というサブタイトルが示す通り、日本を含む8カ国・2地域を対...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り642文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン