/

この記事は会員限定です

意気高い「若き血」を海外へ 慶応義塾長伊藤公平さん

NIKKEI The STYLE 「My Story」

[有料会員限定]

昨春、慶応義塾長に就任した伊藤公平さんは1980年代末から90年代前半、米西海岸で半導体研究に没頭していた。そのころ「日の丸半導体」の衰退が始まる。内向きに、卑屈になっていく日本を解放しなくては――。「海外に学生を送り出すため日本に戻る」と決意した。

「あなたアメリカで勉強しているんだ。日本がアメリカから学ぶことなんてまだあるの?」。1992年のこと。旅先のスイスの山岳鉄道に乗り合わせた日本の団...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3384文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

NIKKEI The STYLEのトップインタビュー「MyStory」の記事サイトです。芸術家から経営者、トップアスリートまで注目の人に迫ります。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン