/

この記事は会員限定です

医療保障体制の再構築(4) 裁量的介入と「政府の失敗」

東海大学教授 堀真奈美

[有料会員限定]

前回、医療はメリット財として準市場で取引されていると述べましたが、準市場では「市場の失敗」だけでなく、「政府の失敗」も起き得ます。政府の失敗とは、政府の裁量的な介入によって予定した政策効果をあげられず、資源配分に非効率が生じることです。

ここでいう非効率を大別すると、①政策コストの正確な見積もりや把握が困難なことに起因する非効率②組織の構造的な行動要因によって生じる非効率――となります。

過去の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り638文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

やさしい経済学

ニュースなどで注目される経済学の最新トレンドを、気鋭の学者や有識者がわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン