/

この記事は会員限定です

キラーロボットの規制にむけて 桜井佑樹氏

特定非営利活動法人・難民を助ける会 支援事業部プログラム・コーディネーター

[有料会員限定]

非人道的な兵器を規制する「特定通常兵器使用禁止制限条約(CCW)」の運用再検討会議が、2021年12月にスイスのジュネーブで開催された。

CCWの会議はこれまで「自律型致死兵器システム(LAWS)」について議論してきた。LAWSは非政府組織(NGO)の間ではキラーロボットとも呼ばれ、人間の介在なしに標的の探索から攻撃まで、人工知能(AI)などが実施する兵器とされている。

筆者の所属する「難民を助...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り965文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン