/

この記事は会員限定です

認知バイアス、政策に生かせ コロナに経済学の知見

依田高典・京都大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○日本人は英国人に比べ悲観バイアス強い
○悲観バイアス持つ人は自粛行動にも理解
○若い男性などに絞った感染リスク教育を

パンデミック(世界的流行)となってから1年余りたつが、コロナ禍は収束していない。流行したのは新型コロナウイルスだけではない。「行動変容」という行動科学で使われていた学術用語が広く知れ渡るとは思いがけないことだ。人間の合理性を限られたものと考える行動経済学では、認知にはバイアス(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2629文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン