/

この記事は会員限定です

ノーベル経済学賞、応用分野に注目 労働や教育効果検証

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

2021年のノーベル経済学賞が11日に発表される。近年の経済学賞は、現実社会の課題に具体的な解をもたらした研究者に栄誉を与えてきた。今年も労働や教育の現場で政策の効果を検証した応用研究に注目が集まる。

20年の受賞者はオークション(競売)の発展に貢献した米スタンフォード大学のポール・ミルグロム氏とロバート・ウィルソン氏だった。2人はオークションに臨む出品者や応札者の意向を詳細に検討し、最適な入札方...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1648文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ノーベル賞

2021年のノーベル賞発表は10月4日の生理学・医学賞からスタート。5日に物理学賞、6日に化学賞、7日に文学賞、8日に平和賞、11日に経済学賞と続きます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン