/

この記事は会員限定です

オペラやミュージカルで多様性 作り手にも黒人など起用

編集委員 瀬崎久見子

[有料会員限定]

変異型の登場など新型コロナウイルス感染の影響がなお懸念される中だが、米ニューヨークのオペラや演劇がBLM(ブラック・ライブズ・マター)やダイバーシティー(多様性)など社会の要請を受けて変化している。黒人など多人種を起用し、現代の問題と向き合って、今後のショービジネスの方向性を示す。

2021年9月末、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場で、黒人作曲家のオペラが初めて上演された。ジャズのトランペット...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1749文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン