/

この記事は会員限定です

性差分析、米欧で広がる 研究開発の革新高める効果

編集委員 中村奈都子

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

「新型コロナウイルス禍で重宝されているパルスオキシメーターは男女間で精度に差がある」「顔認証はトランスジェンダーの人をきちんと認識できない」――。研究開発において性差に注目し、成長につなげようとする「ジェンダード・イノベーション」が注目されている。海外では研究資金提供の条件にジェンダー分析を求める動きもある。

Nikkei Views

編集委員が日々のニュースを取り上げ、独自の切り口で分析します。

ジェンダード・イノベーショ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1950文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン