/

この記事は会員限定です

江沢民氏「素顔」のぞいた2つの会見 苦悩と自負の半生

(更新) [有料会員限定]

対外開放と軍拡のアクセルを同時に踏み込み、強国への道筋を敷いた。歴史問題で日本を厳しく批判し、愛国主義によって国を束ねた――。

11月30日に死去した中国の江沢民(ジアン・ズォーミン)元国家主席の履歴書を一筆書きすれば、こんな具合になるだろう。ただ、取材の現場で間近に見ると、苦悩と自負が入り交じった素顔が垣間見えた。

江沢民氏は1989年、天安門事件直後の混乱のさなか、最高指導者だった鄧小平氏に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1019文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

秋田 浩之

長年、外交・安全保障を取材してきた。東京を拠点に北京とワシントンの駐在経験も。国際情勢の分析、論評コラムなどで2018年度ボーン・上田記念国際記者賞。著書に「暗流 米中日外交三国志」「乱流 米中日安全保障三国志」。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません