/

この記事は会員限定です

緊急事態宣言解除、それでも個人消費の回復が鈍いワケ

[有料会員限定]

個人消費の回復が鈍い。日銀は2021年度の実質経済成長率見通しを引き下げ、財務省も景気判断を厳しく見積もる。半導体不足に伴う自動車を中心とした輸出・生産の不振も大きいが、緊急事態宣言終了後に戻ってくるはずの飲食、衣料品、エンタメ需要が回復しきれないのも一因だ。3つのポイントから読み解く。

・戻り鈍い社用需要はどうなる?
・ライフスタイルの変化はどう影響した?
・低下する消費性向、節約志向は変わるか?

(1)戻り鈍い社用需要はどうなる?

新幹線...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1964文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

ニュースの意味や背景を理解するためのポイントをいちからわかりやすく解説し、その後の展開を見通します。欧米メディアでは「エクスプレイナー」と呼ばれる解説コンテンツです。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン