/

この記事は会員限定です

日本の研究大学、とるべき道は 「成長」へ規制緩和を

大野英男・東北大学長

[有料会員限定]

教育、研究、社会貢献といった大学の機能のうち研究を特に重視する大学を研究大学と呼ぶ。東北大学の大野英男学長は日本の研究大学は「成長する公共財」となる道を歩むべきだと提言する。

知識集約型社会で研究大学は先端的な知の創造とその価値化を担う。例えば米ボストンの「バイオテック・クラスター」には大企業やスタートアップが集積し、技術革新のうねりが生み出されているが、その中心にはマサチューセッツ工科大やハ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2267文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン