/

この記事は会員限定です

伝統の技で輝く甲府市のジュエリー、いざ表舞台へ

ふるさと納税 わがまちの逸品

[有料会員限定]

甲府市の北部はかつて水晶の一大産地だった。培われた研磨と貴金属加工の技術はこの地に宝飾品産業を育て、現在も甲府を中心とする山梨県で日本のジュエリーの約2割(出荷額ベース)が作られている。

にもかかわらず、甲府が「宝石のまち」であることは業界関係者を除くと全国ではあまり知られていない。きらびやかな大手ブランドが前面に出るジュエリーの世界で、作り手や卸業者はあくまでも黒子に徹してきたからだ。

甲府市...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り683文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン