/

この記事は会員限定です

モニターで常に世界一狙う EIZO、米アカデミー賞も

Zoom

[有料会員限定]

EIZOの業績が好調だ。在宅勤務や医療機関向けのモニター販売が伸びたことなどを背景に、2021年3月期の連結純利益は前の期比3割増えた。映画界への貢献がたたえられ米アカデミー賞「技術貢献賞」を受賞するなど技術面への信頼性も高い。技術の盛衰の激しいモニター業界で常に「世界一の製品」(実盛祥隆社長)を目指して変革を続けてきたことが支えとなっている。

EIZOは石川県で世界トップシェアの商品を多く作って...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り830文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン