/

緊急事態宣言「解除難しい」 神奈川・黒岩知事

神奈川県の黒岩祐治知事は31日、9月12日までとなっている新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言について、同県では病床逼迫が続いており、「現実問題として解除は厳しいと言わざるを得ない」と述べた。そのうえで、新規感染者数の抑え込みやワクチン接種の拡大を急ぐ方針を強調した。

全国知事会と国との意見交換会後、記者団の質問に答えた。黒岩知事は「新規感染者数が1000人をはるかに超えている状況で、病床はほぼ満杯に近い。激減しないと時間的に間に合わない」と警戒感を示した。

一方、黒岩知事は意見交換会の場で、病床拡大のため自衛隊に臨時医療施設の設置・運営を依頼できないか政府側に提案したと明らかにした。同県が設けた臨時の医療施設は一段の拡大が難しいという。提案に対し、政府側からは特に反応はなかったという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン