/

鳥取銀行、女性管理職25%以上に 3年後目標

鳥取銀行は管理監督職(係長級以上)に占める女性の割合を3年後に25%以上を目標とする行動計画を策定した。女性のキャリア形成につながる各種研修をしたり、対外会議への積極的な参加を推奨したりするなどして、目標達成を目指す。

同行の管理職に占める女性の割合は2022年3月時点で22.7%。19年3月の20.2%から毎年高まってきているが、なお低いとみている。新計画の目標達成に向けて、4月以降に女性のキャリア開発で個別研修などを継続的に実施する。

新計画では有給休暇取得率を70%以上にすることも定めた。実現へ向けて4月から行内全店舗を対象としたリモートワークの定着を図り、ワークライフバランス向上へ意識改革も促進する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン