/

亀田製菓、米菓を値上げ 「ハッピーターン」など25品目

米菓最大手の亀田製菓は31日、2023年1月出荷分から順次、米菓製品の一部を値上げすると発表した。対象は内容量を減らす実質値上げも含めて25商品。価格を改定する10商品の上げ幅は5~11%程度となる。コメや油脂などの原材料価格やエネルギーコスト、物流費の高騰などを反映する。

価格を改定するのは「ソフトサラダ」など10商品。内容量を減らすのは主力商品の「亀田の柿の種」や「ハッピーターン」を含む12商品で、内容量は5~13%程度の削減となる。「揚一番」など3商品は、価格改定と内容量変更の両方を実施する。

原材料やエネルギーコストは今後も上昇傾向が続くとみられ、「企業努力の範囲内では吸収できない状況となっている」(亀田製菓)として値上げに踏み切る。県内の米菓メーカーでは、岩塚製菓や三幸製菓、越後製菓も相次ぎ価格引き上げや実質値上げを実施している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません