/

奄美・沖縄と北海道・東北、世界遺産の生かし方に知恵

奄美・沖縄、北海道・北東北の縄文遺跡群 世界遺産まとめ読み

国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会は、多くの固有種が生息する「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島県、沖縄県)を世界自然遺産に、縄文時代を知るうえで貴重な「北海道・北東北の縄文遺跡群」(北海道、青森県、岩手県、秋田県)を世界文化遺産にそれぞれ登録すると決めました。観光など地域の活性化に生かそうと期待が高まっています。各地の動きをまとめました。

長期滞在促すアドベンチャーツーリズムに期待

1993年に登録された屋久島、観光客が急増し環境問題に

鹿児島、沖縄両県知事インタビュー

アクセス改善、復元建物がない遺跡の見せ方に課題

国内外の遺産と競争、観光インフラ・サービス充実へ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン