/

茨城空港の2021年旅客数18%減 国際線は初のゼロ

茨城空港(茨城県小美玉市)の2021年の累計旅客数が前年比18%減の約25万7700人と、暦年で比較可能な11年以降で最少となった。新型コロナウイルス禍で国内線の運休や減便が相次ぎ、国際線はゼロだった。22年も「第6波」の感染拡大で厳しいスタートとなっている。

国土交通省東京航空局がまとめた。減少は2年連続。過去最多だった19年(約82万2200人)に比べると7割近く減った計算だ。

国内線は21年2月にスカイマークの神戸、札幌、福岡、那覇便が「第3波」で全便運休となり、その後もコロナ感染が広がるたびに減便や運休を実施した。11月以降は全便運航が再開して需要は戻ったが、通年では大幅減となった。国際線は春秋航空の中国便、タイガーエア台湾の台北便が運休中で、20年4月以降、旅客数はゼロが続く。

茨城空港の旅客数は10年3月の開港以来、格安航空会社(LCC)拡大や訪日外国人の増加で増勢が続いたが、20年春からコロナ禍で失速した。22年も各地でまん延防止等重点措置が適用となる中、スカイマークは再び国内線の減便や運休を実施。那覇便は2月末まで一部を除き運休を続けると発表した。

県空港対策課は「感染対策を施しつつ、環境が好転した際には利用促進に努めたい」としている。スカイマークは1日2往復だった神戸便を3月27日~10月29日に3往復へ増便することを決めた。昼間の便を導入し、関西方面への利便性を高める狙いだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン