/

この記事は会員限定です

北陸の旅館、客足戻る コロナ禍の効率運営は継続

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染が落ち着き、北陸3県の宿泊施設に客足が戻ってきた。11月から年末年始にかけて、満室やコロナ禍前の売り上げに達した旅館もある。ただ、変異型の「オミクロン型」を含めて再び感染が拡大する懸念は拭いきれない。コロナ禍で進めた単価の引き上げや効率運営を続け、需要の変動に備える。

宇奈月温泉(富山県黒部市)の高級旅館、延楽は11月の売上高が政府の旅行促進策「Go Toトラベル」があった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1517文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン