/

この記事は会員限定です

鳴本石材、墓石の国内製造に力 文字彫刻の自動化も研究

中国地方キラリ企業

[有料会員限定]

瀬戸内海に浮かぶ北木島(岡山県笠岡市)は「石の島」として知られ、大阪城の石垣や日本銀行本店、東京駅丸の内駅舎にも用いられる石を切り出してきた。そんな北木島の発祥で、墓石などの製造と輸入卸販売を手掛けるのが鳴本石材(同)だ。国内最大級の加工能力をもつ本社工場では次世代への技術開発にも挑んでいる。

笠岡湾干拓地そばの鳴本石材の本社を訪ねると、平積みされた石が目に飛び込んでくる。北木石や岡山県産の万成...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1008文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン