/

この記事は会員限定です

覚悟を決めたローカル線 カイゼンは十分なのか

ローカル線どこへ(2)

[有料会員限定]

「ゆりてつは覚悟を決めました」のポスターが思い切った決断を物語る。由利高原鉄道(秋田県由利本荘市)は通学定期の料金を半額に下げ、乗客の約半数を占める高校生を取り戻した。当たり前だった朝と夕方のにぎやかな日常が戻ってきた。

2021年春の値下げ前、鳥海山ろく線を利用する乗客は年間60万人以上いたピーク時の5分の1まで落ち込んでいた。

社長の萱場道夫は地元の高校6校を通じ、保護者にアンケートを取った...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り754文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン