/

山梨県知事、コロナ「第8波」へ備え 子供の感染対策強化

山梨県の長崎幸太郎知事は30日、新型コロナウイルスの感染拡大「第8波」に備え、子供の感染対策を強化すると発表した。小学生の保護者に対してワクチン接種に関する普及啓発を進め、「第7波」で感染を広げた家庭内での連鎖の抑制につなげる。

11月末まで延長している県民への感染拡大防止の協力要請に子供の対策を追加した。ワクチンの接種は強制ではないため、保護者への必要性の説明に力を入れるという。

また第7波では重症化を防ぐ効果が期待される経口抗ウイルス薬の投与実績が県内では少なかったことが判明。第8波に備えてこの薬を有効活用することが必要として、10月に県医師会や薬剤師会などと連携して抗ウイルス薬に関する研修会を開催するという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン